賃貸の今後|不動産選びは慎重に行おう│不動産会社を利用しよう
模型を持つ人

不動産選びは慎重に行おう│不動産会社を利用しよう

賃貸の今後

メンズ

賃貸マンションを購入する場合はその歴史についても知っておきましょう。 賃貸マンションの歴史は戦後から始まります(賃貸としては江戸時代の長屋もありますが、形態が違う)。戦後、都心部の住宅が不足していた頃、多くの人を収容させるべく公営住宅が広まりました。 やがて、都心部も焼け野原から復興するにつれて人口も順調に増えていき、やがて公団が作られるようになるのです。 経済成長期の時期には人々の暮らしは贅沢になり、マンションの建設が始まります。 どの不動産会社も一斉にマンションを建てた時期が続いたため、やがて空室が増えてくるのです。今までのマンションでは人が寄り付かず、ついには新しい形としてデザイナーズマンションが出現するのです。

では、賃貸マンションの今後の動向はどうなるでしょうか。まず、空室はいまのまま増え続けると予想ができます。それは、賃貸マンションが立ち続けているからです。空室が増えているにもかかわらず賃貸マンションが立ち続けているのは、単に「新しいほうが入居率がいいから」です。 では、古いマンションはどうなるのでしょうか。古いマンションは入居率が悪く家賃を下げるか思いきってリノベーションをして付加価値を付けることで、再び人気を盛り返すことができるのです。 特にデザイナーズマンションは人気で、中古住宅をリノベーションしてデザイナーズマンションにすることが増えてくるかもしれません。何故ならデザインは見た時にその価値が一番分かりやすい部分だからです。